コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘神道 タチバナシントウ

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐しんとう〔‐シンタウ〕【×橘神道】

江戸時代に普及した神道の一派。橘三喜(たちばなみつよし)が唱道し、垂加神道派の玉木正英が大成。橘家神道(きっけしんとう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たちばなしんとう【橘神道】

江戸中期、橘三喜みつよしが唱道した橘氏相伝の古神道。儒教と習合したもの。のちに玉木正英が大成。橘家きつけ神道。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報