コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘神道 タチバナシントウ

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐しんとう〔‐シンタウ〕【×橘神道】

江戸時代に普及した神道の一派。橘三喜(たちばなみつよし)が唱道し、垂加神道派の玉木正英が大成。橘家神道(きっけしんとう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちばなしんとう【橘神道】

江戸中期、橘三喜みつよしが唱道した橘氏相伝の古神道。儒教と習合したもの。のちに玉木正英が大成。橘家きつけ神道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android