コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘家神道 きっけしんとう

3件 の用語解説(橘家神道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘家神道
きっけしんとう

京都梅宮の神官橘氏に伝わる神道。橘神道ともいう。橘以貞の弟子玉木正英により組織された。禊祓,鳴弦,祭式などの行事を主とし,学説面は垂加神道に近い。跡部良顕岡田正利らにより継承された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きっけしんとう【橘家神道】

江戸時代中期、玉木正英が唱導した神道。橘諸兄もろえから伝わると称する。思想・教学的な面より行法や儀式を重視、蟇目ひきめ・鳴弦など諸神事・秘伝を体系化した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘家神道
きっけしんとう

江戸時代に普及した神道の一派。垂加(すいか)神道の大家玉木葦齋(いさい)(正英。?―1736)が、橘以貞(たちばなのこれただ)から学び、整理、大成したもので、「橘家○○伝」と称する多くの秘伝がある。その源は、日の神以来相伝の道が敏達(びだつ)天皇から皇子難波(なにわ)親王に授けられたとされ、親王の玄孫橘諸兄(もろえ)(?―757)以後は橘家に伝承されたと称する。その内容は、神体勧請(かんじょう)、清祓(きよはらえ)、地鎮祭などの祭式や、鳴弦(めいげん)や蟇目(ひきめ)のような行法に関するものが主である。葦齋は、垂加派の神学にそれら橘家の祭式、行法を加えて、新しい展開を企図し、その後の神道界に大きな影響を残した。しかし垂加神道の純粋を尊ぶ人々からは、当初より厳しい批判があった。[谷 省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘家神道の関連キーワード江戸払男髷在府宿預け江戸棚江戸詰め江戸味噌小江戸江戸野菜江戸時代の朝鮮通信使

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone