コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機物 ハタモノ

デジタル大辞泉の解説

はた‐もの【機物】

布を織る道具。はた。
「―の踏み木(ぎ)持ち行きて天の川打橋渡す君が来むため」〈・二〇六二〉
機で織った物。織物。
「かにかくに人は言ふとも織り継がむ我が―の白き麻衣」〈・一二九八〉
《もと1を用いたところから》磔(はりつけ)用の刑具。
「四つの肢(えだ)を―に張り付けて」〈今昔・一六・二六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はたもの【機物】

布を織る道具。はた。 「 -の踏み木持ち行きて/万葉集 2062
機で織ったもの。織物。 「織り継がむ我が-の白き麻衣/万葉集 1298
〔もと織機を利用したことから〕 はりつけ用の台木。また、はりつけ。 「縄を以て四の支えだを-に張り付けて/今昔 16

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の機物の言及

【磔】より

…キリスト教の影響によって,コンスタンティヌス帝の末年に磔刑(たつけい)は廃止され,その柱を利用する絞殺に代わった。 日本では,平安時代の末ごろから磔(八付(はつつけ),機物(はたもの)ともいう)が現れ,戦国時代には逆磔(さかさはりつけ)も行われた。江戸時代には幕藩において磔を最重の死刑とし,これに鋸挽(のこぎりびき),(さらし),引廻し(ひきまわし)などを付加した。…

※「機物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

機物の関連キーワード張り付ける・張付ける・貼り付ける・撲り付ける・貼付ける中性デタージェント繊維ハイドロバイオライトマイクロゾアル堆積物生物化学的酸素要求量ヒューモリソペッドオルガノジェニックアンオルガノライトパイロビオライト大阪府交野市倉治ヒューモペッドアンフォジーン粒状有機物乾燥地土壌鉱物質肥料ウェーラー湿式燃焼法溶存有機物点紋マール無機イオン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機物の関連情報