コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛水母 クシクラゲ

2件 の用語解説(櫛水母の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くし‐くらげ【×櫛水母】

有櫛(ゆうしつ)動物の総称。体はクラゲ形で、体表に櫛の歯状の繊毛板が放射状に8本あり、運動器官となっている。フウセンクラゲ・ウリクラゲなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くしくらげ【櫛水母】

有櫛ゆうしつ動物門に属する海産動物の総称。体は寒天質からなり、腔腸動物のクラゲ類に似るが、刺胞がない。体表に八列の櫛の歯状の繊毛列があり、これを動かして海中を移動する。雌雄同体でポリプ時代がない。フウセンクラゲ・カブトクラゲ・オビクラゲ・ウリクラゲなどは浮遊性、クラゲムシ・コトクラゲは定着性。発光する種類も多い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone