コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛水母(読み)クシクラゲ

大辞林 第三版の解説

くしくらげ【櫛水母】

有櫛ゆうしつ動物門に属する海産動物の総称。体は寒天質からなり、腔腸動物のクラゲ類に似るが、刺胞がない。体表に八列の櫛の歯状の繊毛列があり、これを動かして海中を移動する。雌雄同体でポリプ時代がない。フウセンクラゲ・カブトクラゲ・オビクラゲ・ウリクラゲなどは浮遊性、クラゲムシ・コトクラゲは定着性。発光する種類も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android