コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫟本 いちのもと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫟本
いちのもと

奈良県北部、天理市の一地区。旧櫟本町。古代の櫟本荘(しょう)。天理市の中心地丹波市(たんばいち)の北に続く上(かみ)街道の街村として発達、名阪国道が通じ、西名阪自動車道に接続している。また、JR桜井線櫟本駅がある。本殿が国の重要文化財である和爾下(わにした)神社や、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の墳墓と伝えられる歌塚がある。また、和爾下神社の北方には櫟本高塚公園がある。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の櫟本の言及

【天理[市]】より

…奈良県北部の市。奈良盆地を南北に貫く古道の一つ,上ッ道(上街道)に沿って市場町の櫟本(いちのもと)と丹波市(たんばいち),織田氏1万石の陣屋町であった柳本が町場を形成してきたが,1954年この3町と二階堂,朝和,福住の3村が合体して市制を施行した。人口7万4188(1995)。…

※「櫟本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

櫟本の関連キーワード東大寺山古墳天理(市)赤土山古墳天理[市]飯降伊蔵和珥氏法住

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

櫟本の関連情報