次田潤(読み)つぎた うるう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

次田潤 つぎた-うるう

1884-1966 大正-昭和時代の国文学者。
明治17年4月26日生まれ。田村剛(つよし)の兄。七高,学習院の教授をへて,昭和7年一高教授となる。退官後,24年立正大教授。上代文学の研究で知られる。昭和41年4月9日死去。81歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「古事記新講」「万葉集新講」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android