コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上代文学 ジョウダイブンガク

大辞林 第三版の解説

じょうだいぶんがく【上代文学】

日本文学の発生期から奈良時代末頃までの文学。古代前期の文学。記載文学としては古事記・日本書紀・風土記・万葉集などが代表的作品。上古文学。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上代文学の関連キーワード日本におけるおもな時代区分日本のおもな学会・協会高木 市之助上代文学会藤森 朋夫鬼(おに)論考・論攷五味 智英安藤野雁日本文学説話文学小島憲之橋本進吉五味智英藤森朋夫武田祐吉太田善麿発生期次田潤藤村作

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上代文学の関連情報