神宮皇学館(読み)ジングウコウガクカン

デジタル大辞泉の解説

じんぐう‐こうがくかん〔‐クワウガククワン〕【神宮皇学館】

三重県伊勢市にあった神官養成学校。明治15年(1882)伊勢神宮の関連学校として設立。明治36年(1903)に官立専門学校となり、昭和15年(1940)大学に昇格。第二次大戦後に廃校となったが、昭和37年(1962)に私立の皇学館大学として復活。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じんぐうこうがくかん【神宮皇学館】

1882年伊勢神宮祭主の令旨を奉じ,三重県伊勢の神宮林崎文庫に設立された神官の教育機関。皇学すなわち皇国の学として,日本古来の神典国文国史を研究する中心的機関でもあった。皇典講究所東京大学の古典講習科の設置とならんで,明治14年の政変(1881)を政治的契機とする国粋主義の台頭を反映し,文明開化思想や自由民権運動に対抗する意味をになった。1903年内務省所管の官立専門学校となり,高等神職や国語,漢文,歴史の中等学校教員を多数養成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じんぐうこうがくかん【神宮皇学館】

1882年(明治15)久邇宮朝彦親王の令旨により創立された神官養成のための学校。1903年官立学校となり、40年(昭和15)大学となった。第二次大戦後廃校となったが、62年(昭和37)皇学館大学(私立)として復活。本部は三重県伊勢市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんぐう‐こうがくかん ‥クヮウガククヮン【神宮皇学館】

神官の養成を目的として、明治一五年(一八八二)久邇宮朝彦親王の令達により設立された学校。同三六年官立専門学校、昭和一五年(一九四〇)官立大学となる。第二次世界大戦後廃校となり、同三七年、皇学館大学の名で私立大学として復活。所在地は三重県伊勢市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神宮皇学館の関連情報