コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宮皇学館 ジングウコウガクカン

4件 の用語解説(神宮皇学館の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんぐう‐こうがくかん〔‐クワウガククワン〕【神宮皇学館】

三重県伊勢市にあった神官養成学校。明治15年(1882)伊勢神宮の関連学校として設立。明治36年(1903)に官立専門学校となり、昭和15年(1940)大学に昇格。第二次大戦後に廃校となったが、昭和37年(1962)に私立の皇学館大学として復活。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じんぐうこうがくかん【神宮皇学館】

1882年伊勢神宮祭主の令旨を奉じ,三重県伊勢の神宮林崎文庫に設立された神官の教育機関。皇学すなわち皇国の学として,日本古来の神典や国文,国史を研究する中心的機関でもあった。皇典講究所東京大学の古典講習科の設置とならんで,明治14年の政変(1881)を政治的契機とする国粋主義の台頭を反映し,文明開化思想や自由民権運動に対抗する意味をになった。1903年内務省所管の官立専門学校となり,高等神職や国語,漢文,歴史の中等学校教員を多数養成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんぐうこうがくかん【神宮皇学館】

1882年(明治15)久邇宮朝彦親王の令旨により創立された神官養成のための学校。1903年官立学校となり、40年(昭和15)大学となった。第二次大戦後廃校となったが、62年(昭和37)皇学館大学(私立)として復活。本部は三重県伊勢市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神宮皇学館
じんぐうこうがくかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神宮皇学館の関連キーワード皇大神宮式年遷宮祭豊受大神宮伊勢鳥居神宮教神宮司庁神都神宮徴古館大中臣豊雄久邇宮多嘉王

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神宮皇学館の関連情報