コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止葉 とめばflag leaf

世界大百科事典 第2版の解説

とめば【止葉 flag leaf】

イネ科農作物の茎の最上位に発生する葉。主茎,分げつを問わず,これより上位に穂が着生する。止葉の形態は基本的にはそれより下の葉位の葉と異なるところはないが,相対的にみれば葉身の長さは短く幅は広い。また葉鞘(ようしよう)長は長く,出穂前の穂はこの葉鞘内で発育するため,葉鞘はしだいにふくれて,特有の〈穂ばらみ〉状態を呈する。主茎の基部から順次形成される葉をたどって,先端の止葉に至るまでの葉数は主茎葉数と呼ばれ,イネではおよそ12~24枚の変異を示すが,特定の品種を特定の地域に栽培した場合には,この値はほぼ一定している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

止葉の関連キーワードがまの穂病(ブルーグラス)がまの穂病(フェスク)イネシンガレセンチュウがまの穂病(チモシー)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android