コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分蘖 ぶんけつtillering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分蘖
ぶんけつ
tillering

主として稲,麦などイネ科の作物で,地面に近いの関節から枝分れすること。イネ科植物の茎の下位には節間のつまった多くの節があり,各節の葉腋に芽を生じ,これが生長して新しい茎となる。下部から順に2次,3次の分蘖が生じる。分蘖数は収量に影響するので,肥培管理,土壌管理などによってその促進をはかる。分蘖数は作物や品種によって異なるので,分蘖数の多い場合には粗植を,少い場合には密植を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐けつ【分×蘖】

[名](スル)《「ぶんげつ」とも》稲・麦・トウモロコシなどで、茎の根に近い節から新しく茎が発生すること。また、その茎。株張り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんけつ【分蘖】

( 名 ) スル
〔「ぶんげつ」とも〕
主にイネ科植物が根に近い茎の節から枝分かれすること。株張り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

分蘖の関連キーワード株張り・株張法性寺ねぎ萎縮病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分蘖の関連情報