コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登熟 トウジュク

4件 の用語解説(登熟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐じゅく【登熟】

穀類などが、出穂のあと成熟していくこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうじゅく【登熟 grain filling】

農作物の種子が母体上で発育・成熟する過程をいい,とくに成熟種子を生産対象とする穀類やマメ類などに適用されるのがふつうである。開花,受精を完了した花器中では,子房が発育を開始し,その中で種子の形成すなわち登熟が進行する。この過程を通じて種子中には,次世代の新個体の原基ともいうべき胚が形成されるほか,次世代の初期栄養となるデンプン,脂肪,タンパク質などが,胚乳や子葉中に順次蓄積されていく。穀類やマメ類では,種子中に貯蔵されるこれら栄養物質を収穫の主たる対象とするものであるから,登熟は作物生産上,最も重視される過程の一つとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうじゅく【登熟】

穀物やマメ類の種子が次第に発育・肥大していくこと。

とじゅく【登熟】

( 名 ) スル
豊かに実ること。 「麦穂穣々として-し/八十日間世界一周 忠之助

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

登熟の関連キーワード採種温湯浸法種根成熟卵倒伏農作物肌肥無胚乳種子早稲ナタマメ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登熟の関連情報