コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面角 めんかくinterfacial angle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面角
めんかく
interfacial angle

(1) 一般に,2つのが交わるとき,それぞれの面のをいう (→二面角 ) 。 (2) 特に,結晶の2つの面の間の角をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めんかく【面角 facial angle】

平面上の直線lによって二分される平面の部分のおのおのをl上の点も含めて半平面といい,lをその境界という。空間内に直線lを境界とする二つの半平面があるとき,空間はこれらの半平面により二分されるが,これらの部分のおのおのを半平面上の点も含めて二面角といい,lをその辺,二つの半平面をその面という。二面角をその辺に垂直な平面で切るとき,切口としてあらわれる角の大きさは,平面のとり方によらず一定である。この角の大きさを二面角の大きさという(図1)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

面角の関連キーワード有理指数の法則(結晶)有理指数の法則マルテンス硬さ面角安定の法則面角一定の法則面角不変の法則アンブリゴ石ステラジアンゴニオメータ分(ふん)球面三角法反射測角器接触測角器ラジアン配座解析正多面体補助単位二等分線RAD弧度法

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android