中点(読み)ちゅうてん

精選版 日本国語大辞典「中点」の解説

ちゅう‐てん【中点】

〘名〙 線分上にあって線分の両端から等距離にある点のその線分に対する称。比喩的にも用いる。二等分点。
※暦象新書(1798‐1802)下「ミッテルビュントは中点なり」

なか‐てん【中点】

〘名〙 補助符号の一つ。複数の語を並列・列挙するとき、語間の、行の中央にうつ黒点。活字では「なかぐろ(中黒)」という。〔校正ハンドブック(1958)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android