中点(読み)ちゅうてん

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐てん【中点】

〘名〙 線分上にあって線分の両端から等距離にある点のその線分に対する称。比喩的にも用いる。二等分点。
※暦象新書(1798‐1802)下「ミッテルビュントは中点なり」

なか‐てん【中点】

〘名〙 補助符号の一つ。複数の語を並列・列挙するとき、語間の、行の中央にうつ黒点。活字では「なかぐろ(中黒)」という。〔校正ハンドブック(1958)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android