正常分娩(読み)セイジョウブンベン

デジタル大辞泉の解説

せいじょう‐ぶんべん〔セイジヤウ‐〕【正常分×娩】

自発的な陣痛を経て、胎児及びその付属物の娩出(分娩第1~3期)・出産後の子宮の収縮(分娩後期)という一連の生理的経過を経て分娩すること。妊娠38週から41週までの間に生じ、帝王切開などの医学的介入を必要とせずに終了した自然分娩のこと。→異常分娩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正常分娩の関連情報