コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正常分散 せいじょうぶんさんnormal dispersion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正常分散
せいじょうぶんさん
normal dispersion

日光のような白色光プリズムなどに当てると,屈折の大きさが波長によって違うので,いわゆる分散を起してスペクトルを生じる。普通は物質の屈折率は光の波長が小さくなるにつれて増加するので,屈折の大きさも短波長側ほど大きくなる。これを正常分散という。これに対して吸収帯付近で起る特殊な分散を異常分散という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の正常分散の言及

【光分散】より

…この散乱光が干渉し合って,その結果として一様に媒質中を光は直進するが,散乱によって位相がずれ,それが波長によって違うために進む速さは波長によって異なることになる。 光の振動数の増加,したがって波長の減少とともに屈折率が増加するような分散を正常分散という。このような分散は,媒質の吸収帯から離れた領域で起こる。…

※「正常分散」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正常分散の関連キーワード分散(光学)光の分散

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android