正月小屋(読み)ショウガツゴヤ

デジタル大辞泉の解説

しょうがつ‐ごや〔シヤウグワツ‐〕【正月小屋】

正月に少年たちが泊まり込み、その後に焼く仮小屋。東日本に多い風習。どんどん小屋。雪小屋。さいと小屋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

正月小屋【しょうがつごや】

鳥小屋,雪小屋,かまくら,どんどん小屋とも。雪を積んだり,心柱に樹枝をふいた仮小屋。小正月に子どもたちが籠(こも)り寝食を共にし,多くは左義長(さぎちょう)などの火祭で焼き払う。お籠りに付随し,鳥追行事も行われる。→正月

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android