正月王(読み)むつきのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正月王 むつきのおう

?-? 奈良時代の官吏。
神護景雲(じんごけいうん)3年(769)無位より従五位下,左馬頭(さまのかみ)となる。のち越中介(えっちゅうのすけ),越中(かみ),ふたたび左馬頭,土佐(とさの)守,備後(びんごの)守などを歴任延暦(えんりゃく)7年(788)少納言となる。牟都伎王とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android