コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正月王 むつきのおう

1件 の用語解説(正月王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正月王 むつきのおう

?-? 奈良時代の官吏。
神護景雲(じんごけいうん)3年(769)無位より従五位下,左馬頭(さまのかみ)となる。のち越中介(えっちゅうのすけ),越中守(かみ),ふたたび左馬頭,土佐(とさの)守,備後(びんごの)守などを歴任。延暦(えんりゃく)7年(788)少納言となる。牟都伎王とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone