コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正木千幹 まさき ちもと

美術人名辞典の解説

正木千幹

歌人・鰹節商。通称正木屋庄助・正輔、名は長秀、号は蔓庵・桜室。江戸生。初め狂歌に耽り、のち清原雄風加藤千蔭の門に入る。万葉風の歌を究めた。文政6年(1823)歿、47才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正木千幹 まさき-ちもと

1777-1823 江戸時代後期の国学者。
安永6年生まれ。江戸の鰹節(かつおぶし)商。清原雄風(おかぜ),加藤千蔭(ちかげ)にまなぶ。文政6年5月29日死去。47歳。名は長秀。通称は正木屋庄助。号は蔓庵,桜室。著作に「記紀神代要略」「万葉集借字対照」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

正木千幹の関連キーワード正木長秀国学者

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android