コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原雄風 きよはら おかぜ

4件 の用語解説(清原雄風の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

清原雄風

江戸後期の歌人、豊後国岡の人。通称忠次郎、名は蔵、字は伯高、号は崑岡。小沢玄達と称して医を業とする。文化7年(1810)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原雄風 きよはら-おかぜ

1747-1810 江戸時代後期の歌人。
延享4年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の人。父の医業をつぐ。岡藩の儒医となるが,脱藩して諸国を放浪。寛政の末ごろから江戸にすみ,加藤千蔭(ちかげ),村田春海(はるみ)らとまじわり,名をあげた。文化7年8月20日死去。64歳。本姓は森。字(あざな)は伯高。号は崑岡,楊伯など。名は別に蔵,玄達。編著に「怜野(れいや)集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清原雄風

没年:文化7.8.20(1810.9.18)
生年:延享4(1747)
江戸中期の歌人。寛保3(1743)年生年説もある。姓森,通称忠次郎。号崑岡,楊柏など。名は「たかかぜ」とも読む。豊後岡(大分県竹田市)の医家に生まれる。筑前福岡の亀井南冥に従学,岡藩校の司業となるが出奔,下総香取(千葉県香取郡)や江戸をさすらい,加藤千蔭や村田春海らと親交を持つ。『類題怜野集』の編刊は歌人としての大きな業績。一方で同じ豊後出身の角田九華編『続近世叢語』に伝えられた数々の奇行でも知られる。同書は顔を洗わず髪も梳らず,ほこりだらけの書斎に座す雄風の面影を如実に伝えて興味深い。家集『清原雄風家集』がある。<参考文献>今村孝次『二豊人文志』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きよはらおかぜ【清原雄風】

1747‐1810(延享4‐文化7)
江戸後期の歌人。豊後の人。通称忠次郎,号は崑岡など。もと医者。のち学才を認められて岡藩儒となるが,公務をいとうあまり亡命して下総(しもうさ)などに寓居した。その後江戸に移住,加藤千蔭らと親交を結び,もっぱら詠歌に意を用いる。雄風編の類題和歌集《怜野(れいや)集》は,江戸を中心に広くおこなわれ,歌壇に活況をもたらすと同時に,雄風の歌名をも大いに高めた。家集に《清原雄風歌集》がある。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清原雄風の関連キーワード狩野令信啓叔宗廸寛保嵐与市(初代)高井宣風高木正恒竹田羽紅平林東岳松井宗瑞水谷義閑

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone