コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正片麻岩 せいへんまがんorthogneiss

2件 の用語解説(正片麻岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正片麻岩
せいへんまがん
orthogneiss

花崗岩質岩源の片麻岩花崗岩火成岩が,広域変成作用などに伴う変形運動の結果,固体のままで流動変形し構成鉱物粒子の再配列が行われて片麻状組織をもつにいたったもの。 (→準片麻岩 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone