コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正秀(1) まさひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正秀(1) まさひで

1750-1825 江戸時代中期-後期の刀工。
寛延3年生まれ。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)下原(したはら)派の吉英に師事し,宅英,英国と銘する。江戸にでて安永3年山形藩主秋元家につかえ,川部儀八郎正秀と名のる。復古新刀論をとなえ,おおくの名刀をきたえた。晩年は天秀とあらためた。文政8年9月27日死去。76歳。出羽(でわ)赤湯(山形県)出身。本姓は鈴木。号は水心子(すいしんし)。著作に「刀剣実用論」「鍛錬玉函」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

正秀(1)の関連キーワード刀工

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android