正覚(読み)しょうがく

朝日日本歴史人物事典の解説

正覚

生年:生没年不詳
鎌倉前期の曹洞宗の尼。道元の弟子で,その援護者でもあったが,氏素性は不明。天福1(1233)年,道元が京都深草に興聖寺を開創したときに法堂を寄進した。なお,坊門清信の娘で源実朝の妻であった西八条禅尼(本覚尼とも称した)と同一人物とみなす説が有力視されているが,西八条禅尼が開基となった京都の遍照心院(のち大通寺)は一貫して律宗寺院であったことが確認されるので,この説には無理があろう。<参考文献>『永平寺三祖行業記』『建撕記』,大久保道舟『道元禅師伝の研究』,守屋茂「深草興聖寺の開基正覚尼について」(『印度学仏教学研究』26巻1号)

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうがく【正覚】

〘仏〙 〔「無上等正覚」の略〕 仏の正しい悟り。最高の悟りの境地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐がく シャウ‥【正覚】

〘名〙 仏語。すべての迷いを断ち切った正しい悟り。仏の悟りをいう。等正覚、正等ともいう。
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「悟無生忍、速成正覚
※観智院本三宝絵(984)中「釈迦の御のり正覚成給し日より」 〔無量寿経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正覚の関連情報