コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一念 いちねん

美術人名辞典の解説

一念

江戸後期の時宗の僧。清浄光寺四十世。出羽漆山生。諱は一、号は他阿弥陀仏。相模清浄光寺に入り、遊行上人を相続、江戸に下向して仙台まで遊行した。安政5年(1858)寂、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐ねん【一念】

ひたすら心に深く思いこむこと。また、その心。「親の一念が通じる」
ふと思うこと。
「―なりとも悔ゆる心を発(おこ)すべきなり」〈発心集・五〉
仏語。
㋐非常に短い時間。瞬間。
「ただ今の―、空しく過ぐる事を」〈徒然・一〇八〉
㋑一度の念仏。仏の救済を信じて唱えた一声の念仏。
「臨終の―は百年の業に勝る」〈往生要集・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちねん【一念】

深く思いつめた心。一筋の思い。一心。 「合格したい-でがんばる」
〘仏〙
きわめて短い時間。六十刹那せつな、または九十刹那とされるが、単に一瞬の意で用いられることが多い。
一つの心のはたらき。一瞬の意識。
一度の念仏。多く、阿弥陀仏を念ずること。また、南無阿弥陀仏と唱えること。
主として浄土真宗で迷いなく仏を信ずること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一念
いちねん

仏教用語。非常に短い時間の単位。現在この一瞬の心,一心に仏陀を念じたり,仏陀の名前を称えたり,仏陀を瞑想したりすることにも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

一念の関連キーワード寵愛こうじて尼にする思う念力岩をも通す一念義・多念義一念義・多念義一念岩をも通す念力岩を通す岩・巌・磐海辺の熔岩虚仮の一心石に立つ矢浄土の五流発起菩提心上村占魚摩訶止観天真独朗北野元峰小手招き風前の塵一念発起一念称名

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一念の関連情報