一念(読み)いちねん

デジタル大辞泉の解説

いち‐ねん【一念】

ひたすら心に深く思いこむこと。また、その心。「親の一念が通じる」
ふと思うこと。
「―なりとも悔ゆる心を発(おこ)すべきなり」〈発心集・五〉
仏語。
㋐非常に短い時間。瞬間。
「ただ今の―、空しく過ぐる事を」〈徒然・一〇八〉
㋑一度の念仏。仏の救済を信じて唱えた一声の念仏。
「臨終の―は百年の業に勝る」〈往生要集・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちねん【一念】

深く思いつめた心。一筋の思い。一心。 「合格したい-でがんばる」
〘仏〙
きわめて短い時間。六十刹那せつな、または九十刹那とされるが、単に一瞬の意で用いられることが多い。
一つの心のはたらき。一瞬の意識。
一度の念仏。多く、阿弥陀仏を念ずること。また、南無阿弥陀仏と唱えること。
主として浄土真宗で迷いなく仏を信ずること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一念
いちねん

仏教用語。非常に短い時間の単位。現在この一瞬の心,一心に仏陀を念じたり,仏陀の名前を称えたり,仏陀を瞑想したりすることにも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一念の関連情報