コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正親町三条公豊 おおぎまちさんじょう きんとよ

1件 の用語解説(正親町三条公豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町三条公豊 おおぎまちさんじょう-きんとよ

1333-1406 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年生まれ。正親町三条実継(さねつぐ)の子。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年参議となる。応安3年正二位にすすみ,応永2年内大臣になったのち出家し,称名院入道といわれた。応永13年6月24日死去。74歳。初名は公景。号は後三条。法名は皎空。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

正親町三条公豊の関連キーワード唐門南北朝時代意雲兼国(2)誾堂良誾禅守長雅友重(3代)山科教冬頼勝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone