コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正親町三条公豊 おおぎまちさんじょう きんとよ

1件 の用語解説(正親町三条公豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町三条公豊 おおぎまちさんじょう-きんとよ

1333-1406 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年生まれ。正親町三条実継(さねつぐ)の子。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年参議となる。応安3年正二位にすすみ,応永2年内大臣になったのち出家し,称名院入道といわれた。応永13年6月24日死去。74歳。初名は公景。号は後三条。法名は皎空。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正親町三条公豊の関連キーワード尚思紹土佐行広建武新政赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘大仏貞直金沢貞将菊池武時

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone