正親町季秀(読み)おおぎまち すえひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町季秀 おおぎまち-すえひで

1548-1612 織豊-江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
天文(てんぶん)17年生まれ。庭田重保の次男。正親町公叙(きんのぶ)の養子。天正(てんしょう)4年従三位,左近衛(さこんえの)中将兼参議となり,7年正三位,権(ごんの)中納言。本能寺の変の際,誠仁(さねひと)親王とともにいた二条城を明智光秀軍にかこまれるが,親王を脱出させることに成功。慶長16年権大納言となり,翌年従一位にすすんだ。慶長17年7月1日死去。65歳。初名は実彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android