庭田重保(読み)にわた しげやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庭田重保 にわた-しげやす

1525-1595 戦国-織豊時代の公卿(くぎょう)。
大永(たいえい)5年7月23日生まれ。庭田重親(しげちか)の子。蔵人頭(くろうどのとう)などを歴任し,弘治(こうじ)元年参議。天正(てんしょう)3年権(ごんの)大納言,4年正二位。文禄(ぶんろく)4年8月6日死去。71歳。日記に「重保朝臣日記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

庭田重保

没年:文禄4.8.6(1595.9.9)
生年:大永5.7.23(1525.8.11)
室町末・安土桃山期の公卿。父は権中納言重親,母は権大納言今出川季孝の娘。享禄2(1529)年叙爵天文3(1534)年侍従。同16年に蔵人頭。弘治1(1555)年参議。永禄1(1558)年権中納言。天正3(1575)年権大納言,同4年正二位に任ぜられる。『重保朝臣記』と称される天文17年の正月の自筆記が残っている。当時,重保は24歳,頭中将。和歌も詠み,正親町天皇の宮廷で天正8年ごろ催行されたとみられる『天正内裏歌合』や,同20年の後陽成天皇の聚楽第行幸の歌会などをはじめ,宮中の歌会によく加わっていたことが知られる。

(相馬万里子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

庭田重保 (にわたしげやす)

生年月日:1525年7月23日
戦国時代;安土桃山時代の公卿
1595年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android