コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正躬王 まさみおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正躬王 まさみおう

799-863 平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の孫。
延暦(えんりゃく)18年生まれ。万多(まんた)親王の王子。承和(じょうわ)7年参議となる。法隆寺僧善愷(ぜんがい)の訴訟を違法にうけつけたとして,13年解任。貞観(じょうがん)3年参議に復し,5年刑部卿(ぎょうぶきょう)兼越前権守(えちぜんのごんのかみ)となる。正四位下。貞観5年5月1日死去。65歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正躬王の関連キーワード善愷訴訟事件万多親王橘良基伴善男延暦

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android