正躬王(読み)まさみおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正躬王 まさみおう

799-863 平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の孫。
延暦(えんりゃく)18年生まれ。万多(まんた)親王の王子。承和(じょうわ)7年参議となる。法隆寺僧善愷(ぜんがい)の訴訟を違法にうけつけたとして,13年解任。貞観(じょうがん)3年参議に復し,5年刑部卿(ぎょうぶきょう)兼越前権守(えちぜんのごんのかみ)となる。正四位下。貞観5年5月1日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android