正阿弥伝兵衛(読み)しょうあみ でんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正阿弥伝兵衛 しょうあみ-でんべえ

1651-1727 江戸時代前期-中期の装剣金工。
慶安4年生まれ。江戸の正阿弥吉長のもとで鐔(つば)つくりを修業。のち出羽(でわ)秋田にうつり,延宝3年出羽久保田藩(秋田県)の抱え工となった。鉄や赤銅の地に透かし彫りや細緻(さいち)な象眼をほどこした作品がのこる。享保(きょうほう)12年3月12日死去。77歳。出羽庄内(山形県)出身。姓は鈴木。名は重吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android