正阿彌(読み)しょうあみ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうあみ シャウアミ【正阿彌】

〘名〙 鐔工(たんこう)の一派。初期のものを古正阿彌といい、室町末期、京に起こる。鉄地に金象嵌(きんぞうがん)をほどこしたものが多く、武骨。江戸期には京、伊予、阿波、会津、庄内、秋田など各地に分派した。元祿(一六八八‐一七〇四)頃の京正阿彌の政徳(まさのり)は有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android