コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武三思 ぶさんし Wu San-si; Wu San-ssǔ

1件 の用語解説(武三思の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武三思
ぶさんし
Wu San-si; Wu San-ssǔ

[生]?
[没]神竜3(707).7.6. 長安
中国,唐代の権臣。則天武后の異母兄武元慶の子。武后が周朝を建てると梁王に封じられ,要官を歴任して神功1 (697) 年宰相となった。翌年みずから皇太子になろうと策動したが,狄仁傑 (てきじんけつ) の直諫にあって失敗した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武三思の言及

【韋后】より

…いったんは皇后となり,翌年に中宗が則天武后によって房州に流された際も苦労をともにした。20年後の705年(神竜1),中宗の復位によって皇后に復活するや,高宗における武后のごとくふるまい,武三思(?‐707)と私通し,売官によって富商などを官に任じた。ついには中宗を毒殺したが,まもなく後の玄宗らに誅殺された。…

※「武三思」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武三思の関連キーワード一般項エヌ没・歿勃・歿・没三角数サブマリン707n-3脂肪酸Diaz de la Peña,N.神竜院

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone