コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狄仁傑 てきじんけつ Di Ren-jie; Ti Jên-chieh

4件 の用語解説(狄仁傑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狄仁傑
てきじんけつ
Di Ren-jie; Ti Jên-chieh

[生]貞観4(630)
[没]久視1(700).9.26. 洛陽
中国,則天武后朝の名臣。并州太原の人。字は懐英。明経から諸官を歴任,武后の天授2 (691) 年宰相となり,翌年讒 (ざん) にあい貶 (おと) されたが,神功1 (697) 年再び宰相に任じられ,内史で没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てき‐じんけつ【狄仁傑】

[630~700]中国、の政治家。太原(山西省)の人。字(あざな)は懐英。諡(おくりな)は文恵。高宗の時、江南の巡撫使として活躍。また、突厥(とっけつ)契丹(きったん)の征服に功績があり、国老となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てきじんけつ【狄仁傑 Dí Rén jié】

630‐700
中国,唐代則天武后朝の宰相。幷州,太原(山西省太原)の人。明経科に及第して中央・地方の官職を歴任,691年(天授2)宰相となった。密告政治や契丹,突厥(とつくつ)の外寇などただならぬ時世にあって彼自身も一時酷吏に陥れられたが,武后の信任をよりどころに,一貫して無軌道な政治の是正につとめた。中宗の復位を武后に勧めたのも彼であり,その志は彼の推挙した張柬之(ちようかんし),姚崇(ようすう)らの賢才たちによって実現された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てきじんけつ【狄仁傑】

630~700) 中国、初唐の政治家。字あざなは懐英。高宗の時、巡撫使として地方行政に手腕を振るい、また、突厥とつけつ・契丹と戦い功をたてた。則天武后に宰相として重んぜられ国老と呼ばれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狄仁傑の言及

【廟】より


[中国]
 中国では,一般に仏教など外来宗教の建物を〈寺〉というのに対し,中国固有の宗教建築を〈廟〉とよぶ。ただし,道教の寺院は〈観〉または〈宮〉であり,ラマ教寺院は〈廟〉とよばれることもある。清朝の皇帝の避暑地,河北省承徳市に現存する普陀宗乗廟はその代表例である。廟はほんらい祖霊をまつる宗廟のことであったが,のちにその領域が拡大され,超能力を具有すると信じられた死者,自然物,動物などをまつる民間の〈祠〉も廟ないし祠廟とよぶようになった。…

※「狄仁傑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狄仁傑の関連キーワード宋璟則天武后中宗武韋の禍姚崇黒衣の宰相花の宰相武后氏族志司馬承禎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone