コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

威奈大村墓誌 いなのおおむらぼし

世界大百科事典 第2版の解説

いなのおおむらぼし【威奈大村墓誌】

少納言威奈大村(662‐707)の蔵骨器に刻まれている墓誌。蔵骨器は球形,金銅製の器で,墓誌銘文は,その半球形の蓋の周囲に放射状に陰刻されている。文は,大村の出自・官歴・治績などを記した長文の序と,大村の出自・人柄・功績などをたたえ,死を悼む銘の2部から成っている。序によると,大村は宣化天皇の子孫で,威奈鏡の子である。文武朝に少納言となり,701年(大宝1)には侍従を兼ねた。705年(慶雲2)左少弁となり,同年11月には越後城司にも任ぜられて蝦夷の鎮撫にあたった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の威奈大村墓誌の言及

【大宝律令】より

…もっとも近江令は存在しなかったとする学説も有力だが,いずれにせよ法典の完成度からみれば,大宝律令はそれ以前のものにくらべ格段に整ったものであった。《続日本紀》の大宝元年(701)元日の記事に〈文物の儀ここに備われり〉といい,その数年後に造られた威奈大村(いなのおおむら)墓誌に〈大宝元年を以て律令はじめて定まる〉と記されているのは,当時の人々が大宝律令をもって本格的な律令法典の出現と意識していたことを示している。その編纂と施行について,従来は律・令とも701年から翌年にかけて,成るにしたがって施行されたと考えられていたが,最近では,令は700年(文武4)に完成しており,続いて成った律も701年に令とともに施行されたとする学説が有力になっている。…

※「威奈大村墓誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

威奈大村墓誌の関連キーワード威奈大村威奈大村文武天皇文武天皇元明天皇元明天皇文武天皇文武天皇ボーイング文武天皇

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android