コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武井昭夫 たけい てるお

2件 の用語解説(武井昭夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武井昭夫 たけい-てるお

1927-2010 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和2年1月29日生まれ。昭和21年共産党に入党(のち除名)。東大在学中全学連初代委員長となり,中退後,新日本文学会にはいる。31年吉本隆明との共著「文学者の戦争責任」で注目される。奥野健男,吉本隆明らと「政治と文学」論争を展開。ほかに「創造運動の論理」「批評の復権」などを発表。47年新日本文学会を退会,雑誌「社会評論」などで活躍した。平成22年9月2日死去。83歳。神奈川県出身。著作に「創造運動の論理」「層としての学生運動」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

武井昭夫【たけいてるお】

批評家,思想運動家。神奈川県横浜市出身。旧制東京高校卒業。東京大学文学部在学中の1948年,全学連結成に参加,初代委員長となる。日本共産党の1950年の分裂問題の際には国際派に属して除名される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

武井昭夫の関連キーワード天田昭次大野正男彼末宏川村勇桑田三舟白土吾夫田中勝宣夏目晴雄福田甲子雄正森成二

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武井昭夫の関連情報