コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥野健男 おくの たけお

3件 の用語解説(奥野健男の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥野健男 おくの-たけお

1926-1997 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
大正15年7月25日生まれ。奥野健一の長男。東芝中央研究所に勤務,大河内記念技術賞などをうけた化学技術者でもあった。昭和31年「太宰治(だざいおさむ)論」を刊行して注目され,33年同人誌「現代批評」を創刊。作家論にすぐれ,「坂口安吾」「伊藤整論」などもあらわす。59年「“間”の構造」で平林たい子文学賞,平成6年「三島由紀夫伝説」で芸術選奨。多摩美大教授をつとめた。平成9年11月26日死去。71歳。東京出身。東京工業大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

奥野健男【おくのたけお】

評論家。東京生れ。東京工業大学卒業。在学中に吉本隆明と知り合う。また《大岡山文学》に《太宰治論》を発表して注目される。以降旺盛な評論活動を展開,1972年の《文学における原風景》では,都市文学論に先鞭をつけるとともに,〈原風景〉という一種の流行概念を生んだ。
→関連項目井上光晴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おくのたけお【奥野健男】

1926~1997) 文芸評論家。東京生まれ。東工大卒。在学中の「太宰治論」が注目され、戦後社会の家庭の崩壊や高度成長期の故郷喪失を論じ、政治の優位性批判は論争となる。著「文学的制覇」「文学における原風景」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥野健男の関連キーワード金井直青木和夫浅香鉄心穴井太内田幸男鈴木通夫寺門仁原田憲藤田利夫三好行雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥野健男の関連情報