コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花田清輝 はなだきよてる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花田清輝
はなだきよてる

[生]1909.3.29. 福岡
[没]1974.9.23. 東京
評論家。第七高等学校を経て 1931年京都大学英文科中退。第2次世界大戦中から抵抗精神を韜晦した文体に託した評論活動を続け,戦後,それらを集めた『復興期の精神』 (1946) ,『錯乱の論理』 (47) で脚光を浴びた。岡本太郎と前衛芸術運動の母胎として「夜の会」を結成 (48) ,野間宏,安部公房らと「記録芸術の会」を結成 (58) した。『近代文学』同人となり,52~54年『新日本文学』の編集長をつとめた。ほかに評論集『アヴァンギャルド芸術』 (54) ,『近代の超克』 (59) ,『もう一つの修羅』 (61) などがあり,また小説にも手をつけ,『鳥獣戯話』 (62) ,『ものみな歌でおわる』 (64) などを書いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

花田清輝【はなだきよてる】

評論家,小説家。福岡市生れ。京大英文科卒。第2次大戦中雑誌《文化組織》を編集,1946年に《復興期の精神》としてまとめられる評論を掲載,戦時下におけるユニークな批評活動として高く評価される。
→関連項目岡本太郎近代文学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花田清輝 はなだ-きよてる

1909-1974 昭和時代の評論家,小説家,劇作家。
明治42年3月29日生まれ。昭和15年中野秀人(ひでと)らと「文化組織」を創刊,評論を発表して「復興期の精神」にまとめた。戦後は新日本文学会に属し,前衛芸術運動を推進した。昭和49年9月23日死去。65歳。福岡県出身。京都帝大中退。作品に小説「鳥獣戯話」,戯曲泥棒論語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はなだきよてる【花田清輝】

1909‐74(明治42‐昭和49)
評論家,作家。福岡市生れ。1931年,京大選科在学中に《サンデー毎日》の小説募集に応じて《七》が入選。昭和10年代には主として《文化組織》に評論を発表,戦後にそれらを編成した《復興期の精神》(1946)を出し,ユニークな評論家として注目された。やや難解なレトリックに満ちているが,現代を〈転形期〉として見すえながら変革をめざすその思想は,広い影響力を持った。52‐54年《新日本文学》編集長を務める。《アヴァンギャルド芸術》(1954),《大衆のエネルギー》(1957)などを通じて芸術運動の新方向を開拓し,他方埴谷雄高吉本隆明らとの論争を通じて,政治における心情主義を批判し,自身の立場を示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなだきよてる【花田清輝】

1909~1974) 評論家・小説家。福岡県生まれ。京大卒。創造的な思考とレトリカルな文体で、転換期の人間的本質を追求。戦後のアバンギャルド芸術運動に指導的役割をはたす。著「復興期の精神」「近代の超克」、小説「鳥獣戯話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花田清輝
はなだきよてる
(1909―1974)

文芸評論家、小説家、劇作家。明治42年3月29日、福岡市生まれ。京都帝国大学英文科中退。1940年(昭和15)、中野秀人(ひでと)、岡本潤らと『文化組織』を創刊、奇抜なレトリックと弁証法を駆使したエッセイを発表、評論集『自明の理』(1941)、『復興期の精神』(1946)によって評論家としての地位を確立した。第二次世界大戦後は『近代文学』『新日本文学』などに拠(よ)り、文学、演劇、映画など幅広く芸術的プログラムを提示、知識人の硬直した論理や感傷的ヒューマニズムを批判しつつ、現実変革のための前衛理論の確立に努めた。「前近代的なものを否定的媒介として近代を超える」という命題と、『復興期の精神』以来のルネサンス的人間への関心は、のち小説・劇作の分野で具体的に展開され、『鳥獣戯話』(1960~62)、『爆裂弾記』(1962)、『小説平家』(1967)、『室町小説集』(1973)などの作品を生んだ。評論集に『アヴァンギャルド芸術』(1954)、『近代の超克』(1959)、『日本のルネッサンス人』(1974)など多数がある。昭和49年9月23日没。[石崎 等]
『『花田清輝全集』15巻・別巻2(1979~80・講談社) ▽小川徹著『花田清輝の生涯』(1978・思想の科学社) ▽宮内豊著『ある殉死 花田清輝論』(1979・講談社) ▽岡庭昇著『花田清輝と安部公房――アヴァンガルド文学の再生のために』(1980・第三文明社) ▽『花田清輝の世界』(1981・新評社) ▽秀実著『花田清輝 砂のペルソナ』(1982・講談社) ▽平野栄久著『流行と不易――花田清輝論』(1982・近代文芸社) ▽好村冨士彦著『真昼の決闘――花田清輝・吉本隆明論争』(1986・晶文社) ▽関根弘著『シリーズ民間日本学者 花田清輝――二十世紀の孤独者』(1987・リブロポート) ▽池内紀編『日本幻想文学集成29 花田清輝』(1994・国書刊行会) ▽石井伸男著『転形期における知識人の闘い方――甦る花田清輝』(1996・窓社) ▽菅本康之著『フェミニスト花田清輝』(1996・武蔵野書房) ▽土井淑平著『尾崎翠と花田清輝――ユーモアの精神とパロディの論理』(2002・北斗出版) ▽乾口達司著『花田清輝論――吉本隆明/戦争責任/コミュニズム』(2003・柳原出版) ▽粉川哲夫編『花田清輝評論集』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の花田清輝の言及

【活劇映画】より

…かつて1910年代にアメリカの連続活劇《名金》などがブームを呼んだとき,市川左団次は〈活動劇は活劇を生命とする〉と語った(《活動之世界》1916年4月号)。また50年代には花田清輝が,〈悲劇や喜劇を完全にアウフヘーベンしたあげく,はじめてうまれてくるもの〉として活劇をとらえ,〈映画の創造した劇的感覚は,なんといっても活劇感覚以外にはない〉と論じた(《さちゅりこん》)。これらの発言は,明らかに活劇を映画の基本的なあり方としている。…

【ダンテ】より

… ダンテの作品は,約言すれば,政治と文学との激しい葛藤のなかで生み出された。日本においては,明治時代から《新生》と《神曲》を中心に,かなりの翻訳と紹介が行われてきたが,その傾向を大別すると,第1は上田敏を頂点とする純文学的動機によるもの,第2は内村鑑三,正宗白鳥ら宗教的関心に基づくもの,第3は阿部次郎が築こうとした哲学的・倫理的傾向のもの,そして第4にダンテの文学を政治と文学の葛藤の角度から(とくに第2次世界大戦下の日本の状況と照らし合わせて)とらえようとしたもの(矢内原忠雄,花田清輝,杉浦明平ら)となる。《神曲》の翻訳としては,文章表現と文体に問題は残るが,最も原文に忠実で正確なものとして,山川丙三郎訳を挙げねばならない(1984年現在)。…

【復興期の精神】より

花田清輝の連作評論集。1946年我観社刊。…

※「花田清輝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花田清輝の関連キーワードベアトリーチェ嵐の中の青春池田龍雄さん佐々木 基一中野 秀人戦後派文学花田 清輝大川 橋蔵佐々木基一長谷川龍生安部公房批評文学昭和時代日生劇場綜合文化針生一郎瀬木慎一小川 徹野間宏ダンテ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花田清輝の関連情報