コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武内小鸞 たけうち・しょうらん

1件 の用語解説(武内小鸞の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

武内小鸞

生年:生没年不詳
江戸後期の女性画家。長門(山口県)の人で京都に住み,名を千賀,字を左琴といった。はじめ円山応瑞に学んで風俗美人図を描き,また秘戯図を得意とした。女性で春画を描いた画家としては近代の上村松園が有名だが,それに先行する画家として注目に値する。その後虎図を得意とした岸駒に就いて山水や竜虎も描くようになり画格を高めた。現存する「猛虎図」(個人蔵)は岸駒自身の作品と比較しても遜色なく,相当な力量の持ち主であったことがうかがえる。<参考文献>板橋区立美術館『江戸の閨秀画家展/図録』

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武内小鸞の関連キーワード西島青浦森白鳳木村黙斎勇村一甫長門峡顕国(3代)石川阿石岡本知義吉山常房

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone