武内小鸞(読み)たけうち・しょうらん

朝日日本歴史人物事典の解説

武内小鸞

生年:生没年不詳
江戸後期の女性画家。長門(山口県)の人で京都に住み,名を千賀,字を左琴といった。はじめ円山応瑞に学んで風俗美人図を描き,また秘戯図を得意とした。女性で春画を描いた画家としては近代の上村松園が有名だが,それに先行する画家として注目に値する。その後虎図を得意とした岸駒に就いて山水や竜虎も描くようになり画格を高めた。現存する「猛虎図」(個人蔵)は岸駒自身の作品と比較しても遜色なく,相当な力量の持ち主であったことがうかがえる。<参考文献>板橋区立美術館『江戸の閨秀画家展/図録』

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android