コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武力の行使 ぶりょくのこうしuse of force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武力の行使
ぶりょくのこうし
use of force

他国の領土や軍隊を砲撃したり他国の港湾を封鎖するなど,国際関係において武力に訴えること。国連憲章下においては戦争だけでなく,国連の目的と両立しない一切の武力の行使が禁止され,さらに武力による威嚇 threat of forceすなわち武力の行使をほのめかして自己の要求を実現することなども一般に禁止される。武力の行使,武力による威嚇の語は日本国憲法 (9条) や,各国間の友好条約などに継受されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

武力の行使の関連キーワード日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約ソビエト・西ドイツ武力不行使条約独立国家共同体集団安全保障条約武力攻撃・存立危機事態法憲法第2章 戦争の放棄武力行使の新三要件影響力[国際政治]テロ対策特別措置法日本国憲法第九条日中平和友好条約ジュネーブ議定書ブライアン条約戦争(war)国際連合憲章憲法改正問題集団的自衛権個別的自衛権集団安全保障憲法第9条相互不可侵

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武力の行使の関連情報