コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際関係 こくさいかんけいinternational relations

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際関係
こくさいかんけい
international relations

国際社会のなかで,国境を越えて取結ばれるあらゆる形態の社会的関係をさす。通常,個々の国際的関係をいうよりも,通時的あるいは共時的に一群となった国際的関係の網をさすことが多い。従来,そのような関係を形成する行為主体としてほとんど独占的な位置を占めたのは国民国家であった。しかし今日では,そのほかに国家の枠を越える国際組織や地域共同体,あるいは多国籍企業,国家の枠内にある地方自治体や民間団体,さらには私的な個人までが国際関係の行為主体として活動している。この点にこそ第1次世界大戦以来の現代国際関係の最大の特徴がある。行為主体の種類によって今日の国際関係を分ければ,政府間関係と非政府間関係もしくは民間関係があることになる。また行為の領域によって分類すれば,政治的関係,経済的関係,軍事的関係,法的関係,イデオロギー的関係,文化的関係など,さまざまな国際関係が存在する。このような国際関係の存在形態としては,(1) 万人が万人の敵であるような敵対関係,(2) 競争的関係,(3) 併存的関係,(4) 支配対被支配関係,(5) 協力的関係,(6) 相互依存的関係などのタイプが考えられる。今日の国際関係には,とりわけ相互依存的な関係が顕著になっているといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵miniの解説

国際関係

トルコ・イスタンブールのボスポラス海峡に架かる橋。別名・ボアズィチ橋。全長1510メートル、中央支間長1090メートル、幅員39メートル、主塔の高さ105メートル。ヨーロッパとアジアを結ぶ吊り橋で、1973年にイギリス企業により架けられた。しかし次第に交通渋滞が慢性化するようになり、88年には5キロほど北に第2ボスポラス橋(ファーティフ・スルタン・メフメト橋)が日本企業により架けられたため、第1ボスポラス橋とも呼ばれる。2016年7月15日に発生したクーデター未遂事件のおり反乱軍が最初の標的として同橋を封鎖し攻撃したことを受け、同年7月25日の閣議後の記者会見でトルコのユルドゥルム首相が、ボスポラス橋から「7月15日殉教者の橋」に改称することを明らかにした。

(2016-7-28)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内の国際関係の言及

【国際政治】より

…この場合の特徴は,(1)個別の国家の視点から,各国にとって外的な条件として国家間関係をとらえること,(2)したがって外交や対外関係は国内政治とは切り離された別の次元に属し,〈政争は波打際で終わる〉のが原則とされたことである。 第1次世界大戦後,国際連盟という,個別国家とはいちおう別な国際組織が誕生したことは,国際関係が個別国家の対外関係の総和以上のものであるという,現代的国際関係の成立を象徴する出来事であった。このころから国際関係international relationsという観念が広く使われるようになり,とくにアメリカの大学で〈国際関係論〉という分野が研究・教育の対象として公認されるようになった。…

※「国際関係」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際関係の関連キーワードボリス・N. ドブロヴィンスキースヴィヤトスラフ ネヴェーロフイェフゲーニイ プリマコーフティエリ ド・モンブリアルエスファー ファインベルグウラディミール フルィノフリチャード・L. シムズアレクセイ アルバトフ包括的パートナーシップD.C.S. シソンスアフメト ダウトオールニコライ ヴァガノフウィリアム ファレルY. グゼヴァトゥイマルコス ガウヴォンホアン・バン・チャウB. ラヴレンチェフN. ヴィーヴァニーベルリンローマ枢軸モートン カプラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際関係の関連情報