コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武山勘七 たけやま かんしち

2件 の用語解説(武山勘七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武山勘七 たけやま-かんしち

1854-1907 明治時代の商人。
嘉永(かえい)7年2月2日生まれ。家は代々勘七を名のる名古屋木綿問屋で,屋号は美濃屋。名古屋紡績創設に参加,名古屋米穀取引所理事,堀川銀行頭取などをつとめた。明治40年8月24日死去。54歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武山勘七

没年:明治40.8.24(1907)
生年:安政1.2.2(1854.2.28)
明治期の名古屋の有力商人,地主,企業家。武山家は江戸時代から呉服太物問屋を営み,美濃屋と称した。おおむね代々勘七を世襲し,名古屋万屋町に居住する。19世紀より富裕となり,名古屋長者番付で西前頭筆頭となる。御用商人として取り立てられ尾張藩財政に寄与する。明治前期には99町余(約98ha)の地主であり,長者番付では西の小結に昇った。明治期の勘七は名古屋紡績会社の設立に参加したほか,堀川銀行頭取,第十一銀行取締役,堀川貯蓄銀行取締役,帝国撚糸監査役,名古屋米穀取引所理事を務め,名古屋の近代経済発展に貢献した。<参考文献>『名古屋市史』産業編,『東海銀行史』,林董一『名古屋商人史』

(浦長瀬隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武山勘七の関連キーワード関戸守彦名古屋扇大有り名古屋の金の鯱伊藤由太郎上遠野富之助後藤新十郎滝定助長谷川太兵衛森本善七

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone