武田喜平(読み)たけだ きへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田喜平 たけだ-きへい

1801-1873 江戸後期-明治時代の陶工。
享和元年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)の出石(いずし)焼の陶工で,大黒屋と称した。天保(てんぽう)元年伊佐屋忠治の窯をゆずりうける。染め付けの名手で,作品に永喜山と銘した。明治6年死去。73歳。名は喜平治とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android