武者小路公共(読み)むしゃのこうじ きんとも

美術人名辞典の解説

武者小路公共

外交官。武者小路実世の四男。武者小路実篤の兄。東京帝大卒。上海領事、外務書記官、駐ベルギー大使館参事官などを経て、スウェーデン公使、駐トルコ大使、駐ドイツ大使を務め、日独防共協定の締結にあたった。帰国後は宮内庁宗帙寮総裁、戦後は公職追放解除後、日独協会会長を務めた。著書に『滞欧八千一夜』『外交裏小路』など。子爵。昭和37年(1962)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武者小路公共 むしゃのこうじ-きんとも

1882-1962 大正-昭和時代の外交官。
明治15年8月29日生まれ。武者小路実世(さねよ)の3男。武者小路実篤の兄。スウェーデン公使,トルコ大使をへて昭和9-12年ドイツ大使をつとめ,日独防共協定の締結にあたった。戦後は日独協会会長。昭和37年4月21日死去。79歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「外交裏小路」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android