コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武者小路実陰 むしゃのこうじ さねかげ

美術人名辞典の解説

武者小路実陰

江戸中期の歌人公卿。京都生。武者小路公種養子となり従一位権大納言に累進する。和歌は後西天皇より古今伝授を受け、霊元天皇の寵深く柿本人麿・紀貫之藤原定家藤原実隆と共に古今五歌人と賞される。歌論『初学考鑑』、家集『芳雲和歌集』、門人似雲聞書『詞林拾葉』がある。元文3年(1738)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武者小路実陰 むしゃのこうじ-さねかげ

1661-1738 江戸時代前期-中期の公卿(くぎょう),歌人。
寛文元年11月1日生まれ。西郊実信の子。武者小路公種(きんたね)の養子。元禄(げんろく)8年従三位。霊元上皇より古今伝授をうけ,中御門(なかみかど)・桜町天皇2代の和歌師範となった。霊元院歌壇の代表的歌人で,弟子に似雲(じうん)らがいる。元文3年従一位,准大臣にすすみ,同年9月30日死去。78歳。歌論集に「初学考鑑」,家集に「芳雲集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

武者小路実陰

没年:元文3.9.28(1738.11.9)
生年:寛文1.11.1(1661.12.22)
江戸中期の歌人。30日没とするのは発喪の日をいうか。西郊実信の子。武者小路公種の養嗣となる。従一位准大臣。三条西実条の血を引く実陰は若年から歌才に富み,霊元上皇の大きな期待を受けて精進,上皇をして人麻呂,貫之,定家,三条西実隆と比肩せしむるほどの高い評価を得た。霊元院歌壇の重鎮として中院通茂,清水谷実業と共に活躍した。晩年は桜町天皇を指導した。家集『芳雲集』,歌論『初学考鑑』,門人似雲の聞書『詞林拾葉』がある。<参考文献>鈴木淳「武者小路家の人々」(『近世堂上和歌論集』)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

武者小路実陰 (むしゃのこうじさねかげ)

生年月日:1661年11月1日
江戸時代中期の歌人・公家
1738年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

武者小路実陰の関連キーワード武者小路実岳香川景新諏訪頼戡柳瀬方塾生年月日高松重季春山士蘭坂崎孝治連阿釣月

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android