コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤義興 むとう よしおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤義興 むとう-よしおき

?-1587 織豊時代の武将。
武藤義氏の弟。兄の死後,出羽(でわ)田川郡(山形県)尾浦城主をつぐ。上杉景勝(かげかつ)の臣本庄繁長(ほんじょう-しげなが)の支援をあおぎ,その次男義勝を養子にむかえた。最上義光(もがみ-よしあき)とむすんだ東禅寺筑前(ちくぜん)を攻めたが,最上軍の来攻で大敗し,天正(てんしょう)15年10月自殺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武藤義興の関連キーワード大宝寺義興武藤義勝観音寺城武藤義氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android