コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤義氏 むとう よしうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤義氏 むとう-よしうじ

1551-1583 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)20年生まれ。出羽(でわ)田川郡(山形県)尾浦城主。大泉氏,大宝寺氏ともいう。最上義光(もがみ-よしあき)に対抗し,上杉氏を後ろ盾に庄内一円を支配して領民から「悪屋形」と称された。最上氏に内通した国人一揆(いっき)がおき,天正(てんしょう)11年3月6日近臣の前森蔵人(くらんど)(東禅寺筑前(ちくぜん))に急襲されて自殺。33歳。通称は四郎次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武藤義氏の関連キーワード大宝寺義氏武藤義興観音寺城

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android