コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤義氏 むとう よしうじ

1件 の用語解説(武藤義氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤義氏 むとう-よしうじ

1551-1583 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)20年生まれ。出羽(でわ)田川郡(山形県)尾浦城主。大泉氏,大宝寺氏ともいう。最上義光(もがみ-よしあき)に対抗し,上杉氏を後ろ盾に庄内一円を支配して領民から「悪屋形」と称された。最上氏に内通した国人一揆(いっき)がおき,天正(てんしょう)11年3月6日近臣の前森蔵人(くらんど)(東禅寺筑前(ちくぜん))に急襲されて自殺。33歳。通称は四郎次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

武藤義氏の関連キーワード織豊時代阿蘇惟将大関清増五藤為浄佐知景則柴田勝豊遠山友忠土岐頼春毛受家照山路正国

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone