コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩積・両建預金 ぶづみりょうだてよきん

1件 の用語解説(歩積・両建預金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶづみりょうだてよきん【歩積・両建預金】

金融機関の顧客に対する貸付けおよび手形割引に関連して作成される拘束性預金の総称。拘束性預金とは,債務者から受け入れた預金のうち,債務者が自由に払い戻すことができないように金融機関が拘束している預金のことをいう。手形割引,商業手形担保の貸付けに際し,その一定割合によって作成されるものを歩積預金という。また,金融機関が貸出しを行う際に,その貸付金の一部を強制的に預金させる場合,あるいは顧客が預金の引出しにより資金調達をしようとする際に,預金引出しの代りに金融機関が貸出しによって顧客の資金需要にこたえる場合,これらの預金を両建預金という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歩積・両建預金の関連キーワード国民金融公庫市中金利商工組合中央金庫手形貸付手形割引商業金融代理交換預り資産金融不安支払利息割引料

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone