コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯槽膿瘍 シソウノウヨウ

3件 の用語解説(歯槽膿瘍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しそう‐のうよう〔シサウノウヤウ〕【歯槽×膿瘍】

歯槽部にうみがたまる疾患。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しそうのうよう【歯槽膿瘍 Alveolar Abscess】

[どんな病気か]
 化膿性(かのうせい)の炎症が歯槽部(しそうぶ)に広がり、骨膜下(こつまくか)に膿(うみ)がたまるものです。
 根端性(こんたんせい)または辺縁性(へんえんせい)の歯周炎(ししゅうえん)、抜歯後(ばっしご)の感染、歯や歯槽部の外傷、埋伏歯(まいふくし)の感染や智歯周囲炎(ちししゅういえん)からおこります。
[症状]
 原因となっている歯の付近の歯槽粘膜(しそうねんまく)が赤く腫(は)れ、押すと痛く、中に液体がたまっている感じ(波動(はどう))がします。さらに顔面にも腫れが出ます。原因歯はぐらぐらして、浮いた感じや打診痛(だしんつう)があります。
 膿瘍が破れて膿が出れば痛みもなくなり、症状も消えますが、けっして治ったわけではありません。破れた穴(瘻孔(ろうこう))から絶えず口腔内(こうくうない)に膿が出ている状態が続きます。
[治療]
 急性期には抗生剤使用と切開による膿の排出、減圧が必要です。痛みや腫れなどの症状がおさまってから原因歯の根の先の病気の治療や抜歯を行ない、ようやく治癒(ちゆ)します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

しそうのうよう【歯槽膿瘍】

歯肉内に膿汁による腫瘤を生ずること。虫歯による歯髄炎のほか、抜歯後の細菌感染などが原因。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯槽膿瘍の関連キーワード化膿菌化膿性髄膜炎化膿性肉芽腫化膿性疾患白血球機能異常症慢性乳腺炎急性乳様突起炎(乳突炎)化膿性汗腺炎化膿性脊椎炎外傷急性期けいれん

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone