歯肉がん(読み)しにくがん(英語表記)Gingival cancer

六訂版 家庭医学大全科「歯肉がん」の解説

歯肉がん
しにくがん
Gingival cancer
(口・あごの病気)

どんな病気か

 歯肉がんは、下顎(じょうかがく)の歯肉および歯槽粘膜(しそうねんまく)に発生するがんで、口腔がんの約15%を占めます。歯肉がんの3分の2は下顎にみられ(図22)、また臼歯(きゅうし)部に好発します。男性に多く、50歳以上の中高年齢者に多く発症します。組織学的には、そのほとんどが扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんです。

原因は何か

 原因は不明ですが、誘因としては喫煙、飲酒、むし歯および不適合補綴物(ほてつぶつ)などがあげられています。また、白板症(はくばんしょう)などの前がん病変との関係も重要視されています。

症状の現れ方

 初期には無症状に経過します。腫瘍が増大するにつれ、歯肉の腫脹(しゅちょう)、潰瘍、疼痛(とうつう)、歯の動揺・脱落などを来し、出血しやすくなります。腫瘍が外側へ進展すると顔面腫脹が、後方へ進展すると開口障害が生じます。顎骨内に深く浸潤(しんじゅん)すると、歯痛や三叉神経痛(さんさしんけいつう)のような疼痛あるいは知覚鈍麻(どんま)が現れます。さらには病的骨折を来すこともあります。

 頸部(けいぶ)リンパ節への転移は25%に認められ、下顎歯肉がんに多くみられます。リンパ節転移は顎下リンパ節や上内頸静脈(じょうないけいじょうみゃく)リンパ節の腫脹として触れます。

検査と診断

 確定診断のためには生検(病変の一部を採取して顕微鏡で調べる)を行います。顎骨浸潤(がくこつしんじゅん)の有無と程度が治療法を左右するため、X線、CT、MRI、骨シンチグラフィなどの画像診断が重要です。

 鑑別すべき疾患とその方法は、以下のとおりです。外傷性潰瘍では原因を除去すれば、2週間後には潰瘍は縮小あるいは消失します。アフタ性口内炎では疼痛があり、また症状に改善の兆候がみられます。乳頭腫(にゅうとうしゅ)白板症では骨破壊はありません。また、歯周炎では骨の吸収が歯の周囲のみに限られ、骨髄炎では骨の破壊像はがんと酷似することがありますが、症状の消長(よくなったり悪くなったりする)が認められます。

治療の方法

 がんの進行状況に応じた顎骨切除(上顎:上顎部分切除、上顎亜全摘出、上顎全摘出、下顎:下顎骨辺縁(へんえん)切除、下顎骨区域切除、下顎骨半側切除、下顎骨亜全摘出)を行います。術前に放射線治療や化学療法を行うこともあります。頸部リンパ節への転移が認められる症例では、頸部郭清術(かくせいじゅつ)(リンパ節を清掃する手術)も併せて行います。

 がん切除後の顎骨欠損に対しては、下顎では骨移植あるいはチタンプレートによる下顎の再建を同時に行います。その後、インプラントなどにより咬合(こうごう)再建を図ります。上顎でも骨移植を行うことはありますが、多くは顎補綴(がくほてつ)で対応します。また、頬部や口底などの広範囲切除例には皮弁(移植用の皮膚)による再建を行います。

 5年生存率は約70%と比較的良好ですが、リンパ節への転移例では予後は不良となります。

病気に気づいたらどうする

 前述した疑わしい病変に気づいたら、ただちに口腔外科などの専門医を受診して、検査や治療を受ける必要があります。また日ごろから歯みがき時の異常出血などに気をつけておくと、早期発見につながります。


出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

家庭医学館「歯肉がん」の解説

しにくがん【歯肉がん】

 歯を支えている歯肉(歯ぐき)に発生するがんです。
 粘膜(ねんまく)の初期の変化を口内炎(こうないえん)(「口内炎」)と思い込んでいる人が多いようです。インドなどではビータル・ナット(びんろうの葉でたばこと石灰をまぜたものを包み、歯肉と頬粘膜の間に入れる)の持続的な刺激で多発しています。
 病変の進行にともなって潰瘍(かいよう)ができ、痛み、口臭がおこります。さらに進行すると、あごの骨へ浸潤(しんじゅん)し、くび、あごの下のリンパ節に転移します。
 原因、診断、予防は、基本的には(ぜつ)がん(「口腔がん」の舌がん)と同じです。
●治療
 手術が中心です。あごの骨が破壊されている場合は骨を含めて摘出し、この部分を他の骨で再建し、ものをかむ機能をできるだけ保存するように治療します。放射線療法、化学療法は、補助的な治療として用いられます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android