コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯肉がん しにくがん

家庭医学館の解説

しにくがん【歯肉がん】

 歯を支えている歯肉歯ぐき)に発生するがんです。
 粘膜(ねんまく)の初期の変化を口内炎(こうないえん)(「口内炎」)と思い込んでいる人が多いようです。インドなどではビータル・ナット(びんろうの葉でたばこと石灰をまぜたものを包み、歯肉と頬粘膜の間に入れる)の持続的な刺激で多発しています。
 病変の進行にともなって潰瘍(かいよう)ができ、痛み、口臭がおこります。さらに進行すると、あご浸潤(しんじゅん)し、くび、あごの下のリンパ節に転移します。
 原因、診断、予防は、基本的には舌(ぜつ)がん(「口腔がん」の舌がん)と同じです。
●治療
 手術が中心です。あごの骨が破壊されている場合は骨を含めて摘出し、この部分を他の骨で再建し、ものをかむ機能をできるだけ保存するように治療します。放射線療法、化学療法は、補助的な治療として用いられます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

歯肉がんの関連キーワード田崎勇三

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯肉がんの関連情報