歳神・年神(読み)としがみ

精選版 日本国語大辞典「歳神・年神」の解説

とし‐がみ【歳神・年神】

〘名〙 その年における一家福徳や五穀豊穰を司る神。正月に神棚床の間にまつったり、恵方(えほう)に向けて作られた年棚(年徳棚・恵方棚ともいう)を設けたりし、鏡餠その他を供える。恵方神。歳徳神(としとくじん)。歳徳の神。《季・新年》
玉葉‐治承元年(1177)一二月一〇日「今年、背有年神之由、丹家医師等所申也」
※雑俳・住吉みやげ(1708)「年神と同じ膳喰年おとこ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android