歳神・年神(読み)としがみ

精選版 日本国語大辞典「歳神・年神」の解説

とし‐がみ【歳神・年神】

〘名〙 その年における一家の福徳や五穀豊穰を司る神。正月に神棚や床の間にまつったり、恵方(えほう)に向けて作られた年棚(年徳棚・恵方棚ともいう)を設けたりし、鏡餠その他を供える。恵方神。歳徳神(としとくじん)。歳徳の神。《季・新年》
※玉葉‐治承元年(1177)一二月一〇日「今年、背有年神之由、丹家医師等所申也」
※雑俳・住吉みやげ(1708)「年神と同じ膳喰年おとこ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android