玉石混淆(読み)ぎょくせきこんこう

四字熟語を知る辞典「玉石混淆」の解説

玉石混淆

よいものと悪いもの、また、すぐれたものとつまらないものとが混ざり合っていること。

[活用] ―する。

[使用例] 私立中学はお兄様達の学習院と違って、玉石混淆ですからな[佐々木邦苦心学友|1930]

[使用例] 考えて見給え。所蔵家が真物ばかり蒐めているのがおかしいじゃないか。玉石混淆が普通なのだ[松本清張真贋の森|1958]

[解説] 「玉」はすぐれたもの、「石」はつまらないものをさします。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「玉石混淆」の解説

ぎょくせき‐こんこう〔‐コンカウ〕【玉石混×淆】

[名](スル)《「抱朴子」外篇・尚博から》価値のあるものとないものとが、入りまじっていること。
[補説]「玉石混合」とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「玉石混淆」の解説

ぎょくせき‐こんこう ‥コンカウ【玉石混淆】

〘名〙 良いものと悪いもの、また、すぐれたものとつまらないものとが混ざり合っていること。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「そこらは一寸見にはわからぬから、玉石混淆(ギョクセキコンコウ)して非評をするのが、我日本人の持前だアネ」 〔抱朴子‐外篇・尚博〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android