ずい(読み)ズイ

デジタル大辞泉の解説

ずい

[接頭]名詞や動詞に付いて、そのまますぐに、の意を表す。「ずいあがり」「ずい逃げ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずい

( 接頭 )
名詞や動詞に付いて、そのまますぐにの意を添える。明和・安永(1764~1781)頃に流行する。 「 -あがり」 「 -逃げ」 「膳なしの床廻し、ちよんの間契りの-帰けえりといふやつさ/洒落本・深川新話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずいの関連情報